新しい医療技術の出現・患者ニーズの多様化等に対応するために、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として厚生労働大臣から承認された医療行為のことです。
2008年(平成20年)1月1日現在で125種類の先進医療について、当該技術の施設の要件が設定されています。
先進医療を受けたときの費用は、患者は一般の保険診療の場合と比べて、「先進医療に係る費用」を多く負担することになります。
先進医療は、平成18年10月1日の健康保険法の一部改正に伴い、「高度先進医療」から改編され開始されました。近年、先進医療をカバーする医療保険も発売され、人気商品のひとつとなっています。