ひとつの年金制度受託機関が、確定拠出年金の運営に必要なあらゆる機能をまとめて企業に提供することを指します。企業にとって、制度運営の窓口が一本化され、事務手続きが簡略化されるメリットがあります。