民法上の不法行為責任とは、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者(加害者)が、これによって生じた損害について、被害者に賠償する責任のことです。
なお、被害者が損害賠償を請求する場合、被害者は、加害者に故意または過失があったことを証明しなければなりません。