被相続人より先に、相続人である子あるいは兄弟姉妹が死亡している場合には、その子(被相続人の孫あるいは甥、姪)がそれぞれ権利を受け継ぐことになります。これを代襲相続といいます。
相続開始後に相続人が相続放棄した場合は、代襲相続は生じません。