企業年金基金とは、一般的には企業で働いて得た給料の額に応じて、事業主が掛金を負担し、年をとったら将来お金を受け取るという年金の制度のひとつです。
企業年金基金は、企業に合ったしくみで年金を設計することができ、公的年金とは別に年金を支給しています。
企業年金基金から支払われる給付は、年をとったときに支払われる老齢給付金だけでなく、基金に加入する人が亡くなった場合にも、遺族一時金が支払われます。