2人以上の相続人にて相続を行うことです。
相続人が複数人いるときは、相続財産はいったん相続人全員の共有に属し、遺産分割の手続を経て、最終的には個々の財産が各相続人に帰属するという経過をたどります。