国民の年齢別死亡率を、その他の生命関数とともに表にしたものです。
国民全体を対象とし、国勢調査等を基礎データに使用して男女別に0歳から100歳前後まで作成されます。
各年齢ごとに多人数を観察し、その死亡記録を取ることによって統計的な規則性を得ることができます。
「国民生命表」や「国民死亡表」とも呼ばれ、保険料の計算にも使われています。