確定給付企業年金のうち、事業主が従業員の同意を得て、制度内容を定めた年金規約に基づき、当該企業とは別法人として設立された企業年金基金が年金資産を管理・運用するものを基金型企業年金といいます。