ファンドの目論見書等に記載されている運用方針に沿った運用が実際に行われているのか、また今後も行うことができるのか、という点について評価すること。具体的には、投資目的の明瞭性、運用会社の運用体制、必要な情報の入手手段・判断の流れ、担当ファンドマネージャーの経験・経歴等について、ファンドの目的と照らして評価する。