最低と最高の幅を定めておき、実際の契約にあたっては、保険の目的、危険の実態等にあわせてその幅の範囲内で調整できる料率です。