所得税を計算するときに個人的事情を加味するため、所得税法では所得控除の制度を設けています。
それぞれの所得控除の要件に当てはまる場合には、所得金額からその所得控除を差し引くことができ、残りの金額を基礎に税金が計算されます。
所得控除の種類は次のとおりです。
雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、 小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、 地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除。
このうち基礎控除の額は38万円です。
なお、日本国内に住所などがない、いわゆる非居住者が受けられる所得控除は、雑損控除、寄附金控除、基礎控除の三つとなります。