在職中に任意に契約して保険料を払い込み、老後に年金を受け取るための制度です。
保険料払込期間中に死亡した場合、遺族一時金などを遺族が受け取れますが、金額は少額です。