ひき逃げにあったり、自賠責保険を付保していない自動車にひかれたりした被害者を救済するために政府が行っている事業(自動車損害賠償保障事業)です。
これらの被害者は、直接政府の保障事業に請求することにより補償を得ることができます。
受付窓口は、各保険会社であり、支払い限度額は自賠責保険と同じです。
政府は、被害者に支払ったあとに、加害者に対し求償します。