源泉徴収によって課税関係を完結させ、確定申告を必要としない制度です。
源泉分離課税が適用されるのは、利子所得や、配当所得のうち公社債投資信託の収益の分配等の所得です。