あらかじめ一定の為替レートで外貨と円貨を交換する契約を結び、為替変動の影響を軽減することです。