市町村などの医療保険者が、40歳~74歳の国民を対象に腹囲測定、血圧、血糖、脂質などの健診を行い、異常があった場合に生活習慣病の改善を促す保健指導を行なう制度です。
4人に1人が、保健指導の対象になると見られています。
国が定めた実施率に達成しない保険者に、後期高齢者医療制度への負担金が10%増えるペナルティーが科せられます。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防のため平成20年(2008年)4月から始まり、「メタボ健診」とも呼ばれています。