毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことです。
生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されています。
代表的な病気としては、虫歯、歯周病、骨粗鬆症、アルコール性肝疾患、肥満症、痛風(高尿酸血症)、高血圧症、糖尿病、高脂血症、心臓病、脳卒中、がんなどがあります。
日本人の3分の2近くが、生活習慣病を原因とした病気で亡くなっています。
以前は加齢とともに発症・進行すると考えられて「成人病」と呼ばれていましたが、若い人でも発症し、子供の頃からの悪い生活習慣の蓄積がその発症に大きく関わっていることがわかり、平成8年(1996年)に名称が「生活習慣病」と改められました。