血液中の白血球の一群が、異常に増殖し血液内で増加する疾患です。
白血球の数が増えるだけでなく、増加した白血球は通常とは形態が異なったものとなります。
一般的には「白血球のがん」、もしくは「血液のがん」という広い意味合いで使われています。
多くの癌が中高年に多発するのに対し、白血病は乳児から高齢者まで広く発生します。