相続人は、被相続人の財産上の権利・義務を相続するかしないかを自由に決めることができるようになっています。
被相続人の財産上の権利・義務を相続(相続の承認)する場合には、「単純承認」「限定承認」の二つの方法があります。