本来相続人でない者(相続欠格者・子でないのに戸籍上子となっている者)が、遺産を管理、処分を行っている場合相続人が遺産を取り戻す権利のことです。