相続や遺贈などによって財産を取得した場合に課される租税です 。
被相続人の財産の価額が相続税の基礎控除を超える場合に、被相続人の財産を相続した相続人が相続税を負担することになります。