死亡した人(被相続人)の財産上の一切の権利・義務を他の人が引き継ぐことです。
被相続人は、原則として遺留分を侵さない限り、遺言で相続財産を自由に処分することができます。