納税者が自分自身の社会保険料を支払った場合、または納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合に受けられる所得控除です。
控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与から差し引かれた金額の全額です。