自賠法第2条第4項は、運転者を「他人のために自動車の運転または運転の補助に従事する者」としています。
運転者は自動車の運転によって起こした事故については自賠法上の責任はなく、直接の不法行為者として民法上の責任を負うことになります。