相続の開始によって共同相続人の共同所有となった相続財産を、個別具体的に各相続人に帰属させ、各相続人の財産関係へと解消させる手続のことです。
相続人が2人以上のとき、遺産をどのように分割するかは、次の方法によります。
1. 遺言による分割
2. 各相続人による協議分割
3. 家庭裁判所による分割