一定範囲の相続人(配偶者、子、親など)に対し、必ず残さなければならない財産の割合のことです。
遺言によって特定の者が全財産を相続することになると、他の相続人には何の権利も残されず、不都合な事態が生じます。
そこで、一定範囲の相続人に対し、遺言の内容にかかわらず最低限相続できる財産割合を定めています。