自分の財産をどのように処分するかは、本人の自由意思に委ねられています。
そこで法律は、その人の死後にもその人の意思を実現させるための手段として遺言の制度を定めています。
遺言は、法定相続の規定に優先して実現させるという強い効力を持っていますので、間違いなく本人の遺言であることがはっきり分かるものでなければなりません。
したがって、遺言は法律で厳格な方式が定められています。