金融商品の重要事項の説明義務について定めた、2001年(平成13年)4月1日に消費者保護を目的として施行された法律です。
「金融商品販売法」とも呼ばれます。
この法律は、生命保険募集人に対しても適用され、重要事項を説明しなかった結果、お客さまに損害を与えた場合には、金融商品販売業者である保険会社が損害賠償義務を負います。
金融商品販売業者は、金融商品を販売するための勧誘方針を公表することになっています。