金融・資本市場をとりまく環境の変化に対応し、幅広い金融商品についての投資家保護のための横断的な法制として、証券取引法を改組して、2006年(平成18年)6月14日に公布されました。
金融商品取引法は、幅広い金融商品について横断的・包括的な法を整備し、同じ経済機能を有する金融商品に同じルールを適用することを意図しています。
保険会社の取り扱う変額保険・変額年金保険や外貨建て保険等の特定保険契約について保険業法に同様の規定が設けられています。