保険料を一時払することによって、税法上、いわゆる「金融類似商品」として位置付けられる商品への課税のことです。
代表的なものとして、一時払養老保険・一時払変額保険(有期型)があり、これらは5年以内の満期、解約の場合は預貯金と同様、受取金額と払込保険料との差益に対して、20%の源泉分離課税になります。