厚生労働大臣の承認を受けた特定承認保険医療機関において行われる医療のうち、厚生労働大臣が承認した高度な医療(がんの温熱療法、超音波内視鏡検査など)をいいます。
平成18年(2006年)9月まで存在した医療制度で、平成18年(2006年)10月1日の健康保険法の一部改正に伴い、「先進医療」と呼ばれる新制度に再編されました。
高度先進医療は、その種別ごとに実施可能な病院が承認されていました。