保険料や責任準備金を算出する計算基礎率の一。平成9年3月まで厚生年金基金と適格退職年金双方では一律5.5%が使われていましたが、平成9年4月より両者とも予定利率が自由化されました。