被保険者の要介護状態またはその恐れのある状態に対し、必要な保険給付を行う制度です。
2000年(平成12年)4月に開始された、介護保険法に基づく社会保障制度となっています。
保険者は市町村及び特別区で、被保険者から徴収した保険料と公費により運営されます。
被保険者は40歳以上の全国民であり、年齢により2つに区分(第1号被保険者:65歳以上、第2号被保険者:40歳から64歳まで)され、この区分により保険料や給付要件等が異なります。