国民は誰でも公的医療保険に入り、権利と義務を有します。
被保険者は、毎月一定の金額を保険料として保険者(医療保険の運営をする組織のこと)に支払い、傷病の際には医療機関を受診し、医療サービスを現物で受け取ります。
診療を受けた際の費用の一部は、一部負担金(自己負担金額)として医療費の3割程度を医療機関に直接支払います。
公的医療保険は職域を基にした「被用者保険」と、居住地(市町村)を基にした「国民健康保険」に分けられます。