自営業の方やフリーで働く国民年金の第1号被保険者の方が、国民年金(老齢基礎年金)に上乗せした年金を受け取るための公的な年金制度です。
1991年(平成3年)4月に創設されました。  
国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます。
掛金は、全額所得控除の対象となり、所得税や住民税が安くなります。