公的医療保険の特徴のひとつで、国民(日本在住の外国人も含む)は、誰でも公的医療保険に入り権利と義務を有します。
「私は健康だから公的医療保険には加入しない」といった選択をすることができません。