年金額の実質価値を維持するために物価の変動に応じて年金額を改定すること。現行の物価スライド制では、前年の消費者物価指数の変動に応じ翌年4月から自動的に年金額が改定されます。私的年金にはなく公的年金の大きな特徴といえます。