60歳台前半に支給される年金をいいます。加入年数で給付額が決まる定額部分と、現役時代に支払った保険料の多寡に応じて給付額が決まる報酬比例部分からなり、昭和61(1986)年の年金改正により、老齢厚生年金の支給が65歳からになったため登場した、やがて給付そのものがなくなる経過的な給付のことをいいます。