国民が生活する上での疾病や老齢、失業、労働災害、介護などの事故に備えて、事前に強制加入の保険に加入して、事故が起きたときには、現金または現物給付により生活を保障する相互扶助の仕組みのことです。
社会保障制度の中心となっており、日本では現在、医療保険や年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険の5つの社会保険があります。