経過的措置の意味合いで上乗せされて支払われる年金です。
経過的加算には、以下のようなものがあります。
1)老齢厚生年金の受給者で、65歳の未満の妻や18歳未満の子供を扶養している場合には、所定の支給額に上乗せ分を加算として支給されます。
2)1946年(昭和21年)4月1日以前に生まれた人には、経過的加算が上乗せされます。
3)特別支給の老年厚生年金を受けている人が、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金の切り替わるときに受給額が減ってしまう場合に、その差額として支払われる年金部分。