遺族厚生年金を受給している65歳以上の妻(寡婦=夫に先立たれた妻)に対し、中高齢寡婦加算に変わる上乗せ分として支給されます。
加入期間が短いなどの理由で妻の老齢基礎年金が少額にとどまるケースが少なくないことを考慮して、1956年(昭和31年)4月1日以前生まれの妻に限って、経過的寡婦加算を上乗せするものです。