老齢基礎年金の支給は原則として65歳からですが、本人が希望すれば66歳以降から受けることができる支給方法のことです。
年金額は、年金を受取り始める年齢に応じて、本来の老齢基礎年金額が一定の率で増額され、その額が年金額が終身継続します。