共済年金特有の上乗せ部分の年金のことです。
基礎年金(1階部分)と報酬比例年金(2階部分)に、報酬比例部分の20%に相当する額が職域年金(3階部分)として加算されています。