厚生年金保険や国民年金の加入者。厚生年金の適用を受ける民間企業で働いている70歳未満の人は厚生年金の強制被保険者であり、同時に国民年金の被保険者の資格も持ちます。ただし、勤務時間が短いパートタイマーや臨時的な雇用の場合は70歳未満でも厚生年金保険に加入できないことがあります。厚生年金保険の適用を受ける民間企業で正社員として働いていても、現在は70歳に達すると厚生年金保険の被保険者資格を喪失します。一方、自営業や無職、学生、専業主婦など厚生年金保険や共済組合に加入していない人は、20歳以上60歳未満の間国民年金の強制被保険者になります。パートタイマーなどで厚生年金に加入できない人もこの中に含まれます。なお、公務員などが加入する共済組合では加入者を組合員といいます。