公的年金を受けるための手続きのことです。
公的年金は、年金を受ける資格ができたとき自動的に支給が始まるのではなく、自分で年金を受けるための手続き(裁定請求)を行う必要があります。
この手続きは受けようとする年金の種類によって異なります。