介護保険制度において、介護サービスの利用に先立って利用者が介護を要する状態であることを公的に認定するものです。
一般に、要介護認定は、介護保険法による介護を要する状態を意味する要介護認定と、日常生活に見守りや支援を必要とする状態を意味する要支援認定を総称した、要介護等認定を意味します。