老齢年金や通算老齢年金などの厚生年金の一部のうち報酬比例部分を私的な契約(保険契約または信託契約)で代行すると共に企業独自の上積み部分の給付を行うもので、厚生年金基金保険ともいいます。