年金制度の財政方式のひとつ。そのときに必要な年金原資を、そのときの現役世代の保険料でまかなう財政方式。保険料率は基本的に年金受給者と現役加入者の比率によって決まるため、人口の高齢化が進むと保険料は高くなる。しかし、積立金を保有していないため金利の変動などの影響は受けません。