農業者の老後生活の安定や農業の担い手を確保することを目的に、国民年金に上乗せする年金を支給する独立行政法人。農業者年金は第1号被保険者で農業に年間60日以上従事していれば誰でも加入できる任意加入の年金。財政方式は積立方式で保険料の一部を国庫が負担する制度がある。自らが積み立てた保険料とその運用益が基礎となる農業者老齢年金であり、保険料の国庫助成を受けた人には特例付加年金が併せて給付されるほか、死亡一時金の制度もある。