公的年金制度の一つで、公務員などの共済組合員が加入する制度です。
退職共済年金は、共済組合員が老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたときに、65歳から老齢基礎年金に上乗せして支給される年金です。
制度の内容は厚生年金保険とほぼ同じですが、支給額を計算するときの報酬比例部分に、共済年金独自の職域加算部分が含まれているため、その分だけ厚生年金保険よりも受給額が増えます。
また、加入期間が25年以上であれば経過措置により60歳から(受給者の生年月日により支給開始年齢が異なります)65歳まで「特別支給の退職共済年金」が支給されます。
特別支給の退職共済年金については、昭和24年4月2日から昭和36年4月1日までの誕生日の人は、定額部分の加算はなく、報酬比例部分相当の退職共済年金が支給されます。
昭和36年4月2日以降生まれの人には、特別支給の退職共済年金は支給されず、原則65歳からの退職共済年金の支給となります。